枝筆書庵

三糸ひかり

三糸ひかり

 ◇Twitter(情報更新案内用のアカウント)→https://twitter.com/hikariminfo

 

 ◇ブログ

  ソベルテクァイユ→http://soberthe.tumblr.com/

  memo→http://soberthe.blog.shinobi.jp/

 

 ◇遊印(篆刻)等の御注文・御見積りについて

 ◇メールマガジン「ソベルテ通信」

 ◇その他、各種お問い合わせ

  →下部にあるメールフォームからお問い合わせください。

会場にて

毎度思うことに、好きに書いた当人が言うのもアレなのですが、はたして需要はあるのだろうかと。 幸いなことに、ウェブカタログからチェックしてきたという方がいらっしゃって、ああ、好きな人はいらっしゃたとほっとしたものです。 ネット併用ということで…

新語循環観測所

パワーワード。 もはやパワーがどっかに落ちてしまって、「しゃれた言い回し」のたんなる変換になっていると感じるのは私だけだろうか。

ひとおおすぎ問題

私も増やしている一人なので、なんとも難しいところではあるが、京都は人が多すぎる。ここ数年は外人さんが多いといつもの書道具店のご主人が言っていた。前から増えてはいたが、さらにとどまるところを知らない増え方らしい。 曰く、大津あたりに宿を取るか…

時期

書道具店のご主人に、たまには目が楽しい季節とか祭とかの頃においでくださいと言われてしまったので、関係各所にさまざまな角度から検討するよう指示をだした。

笑点

ホテルなのでテレビがあります。 そんなわけで、うん年ぶりに笑点は大喜利を見る。 ……みんな年取ったなぁ。

my favorite things?

新刊はどんなものかいえば、まあ、そんな感じかと。 多趣味というかなんでもやるというか、そういう私の文房具の一角です。 作り話は次に。

おいくらですか

http://edafude.hatenablog.jp/entry/2018/01/09/211212 新刊は500円です。 冊子の中に、GoogleドライブのURLを印刷しまして、写真やらスキャンした物やらでモノクロではあまり意味がないものや、冊子に収めるとえらく冗長になるようなものや、アナログもの…

文学フリマのあれこれ

(*適宜、追記なり新しい項を立てて紹介したりしていきます。 1/11 副題追加 1/19 御値段 http://edafude.hatenablog.jp/entry/2018/01/19/182407) 今年に引き続き、来年も京都の文学フリマに出ます。 「け-31」です。(https://c.bunfree.net/c/kyoto02/!/…

やっぱり

本のメモ置き場であるところの忍者ブログでビラマタスのことを先日書きましたが、半分ぐらい進んで、やっぱりどうにも合わないと投げました(空間移動の方ではなく、投了の方)。 まあ、そういうこともあります、しょうがない。 それはともかくとして、どう…

あちらとこちら

外国Amazonで買い物をすると、これはガレージでほったらかしにしていたのかい? というように梱包やパッケージが薄汚れた商品が届くことがあります。中身は汚れていませんよ。 身近なところでも、これが彼我の差かと感じることができます。 いや、日本がやた…

文学フリマ

11/23は雨だとか寒いらしいだとかが予報を見るにわかる情報なのですが一応。 11/23に東京流通センターで行なわれる文学フリマで、私が書いた「イリカ註釈」が載っている『嘘つきコルニクス』が並んでいます。 スペースは【B-02】イングルヌックです。猿川さ…

京都文学フリマ

来年は1月のみやこめっせで開催される文学フリマに申し込んであります。 作り話ではないですが、妙な角度の文章をまとめたものを予定しております。

万年筆の話

インクが切れたのできゅりゅきゅりゅと尾栓を回してインクを入れ、ついでに、万年筆3本のペン先とコンバーターを洗浄しました。 「……待って、何本持ってるんですか?」と訊いてはいけません。世の中には確実に100本単位で所有している人はいます。以前、とあ…

そういうもの

先日の見本市にて、大阪の会社の方から「去年もいただとりますが、今年も名刺いただけますやろか、しゃっちょはん」と言われまして、ああ本当にそう言うんだと、まったく商品とは関係のないところで感心したものです。 根元だとか奥底だとかではなく、ただの…

ティー問題(Problem of Tea)

スタバにほうじ茶なんたらフラペチーノ。 711に秋の味覚ほうじ茶クリームな感じの和風ぱふぇ、および、ほうじ茶プリン。 この2企業で揃っているということは、まあ、同業でもいろいろ出るだろうし、製菓企業でも作るのだろう、ほうじ茶なんとかを。 作ること…

練習はどこへ行く

伊藤さん……鳥子さんの方ではなくなむあひさんが、来年ぐらいに文体練習オマージュを出そうと奮闘していらっしゃるのを見て、がんばっていただきたいものだと思いました。 というのも、以前に野堀さんと同様の試みをした(http://uiyun.mimoza.jp/off/1-2.htm…

元気がない

元気がない時は元気がないので、なかなかどうにもならぬものです。 元気がないと認識できるだけ、まだよいのではありますが。 そして、そんなわけでまたしてもコミティアの申し込みを忘れたことに今更気付いてまいったねと思うのです。あー。

データ量

気がついたらハードディスクの残り容量がとんでもないことになっていたので、半日ほどかけて、整理しつつ空けていました。その甲斐あって、2/3以上が空欄になりました。減りすぎです。

軌道問題

ミサイルでも鉄道でもなく、いわゆるレールです。それも、かなり狭い意味での。 筆やら墨やら硯やらを扱っていますと、3番目か4番目ぐらいには「どこ所属ですか?」とか「先生はどなたですか?」とかいう質問が来るのはなんなのかとたまに思うのです。 その…

運び方

【前事情のざっくりとした説明】 京王新線がアルミ風船でひどいことになり、fategoが緊急メンテナンスで、スクールデイズのニコニコ生放送を横で流していた。 一度にまとめて見るから、まあなんとかという面はあると思うわけで、これを10年前に毎週30分ずつ…

フィギュア、つづき

立体物が難しいというのはすこしばかり言葉足らずであって、紙という平面に最適になるように描かれたもの、それもデフォルメ満載であるところのマンガのキャラクターを立体にしようという点からして難題であるわけです。 どこかの誰かを全身くまなく計測して…

フィギュア

もうすでに一ヶ月ぐらい昔の話になってしまいましたが。 『だがしかし』の遠藤サヤちゃんのフィギュアが出るというので、予約していたんですよ。 ただ、調べていると、どうにも製造元がよろしくない……というか、製品がにんともかんともという評判ばかりなの…

DS、もしくは、まとまりがない

これからの芸術家なりクリエイターなりは営業も経営もしなければならんという言説はほどほど多めに見かけるものの、研究者あるいは学術者に対してこれからの時代は営業も経営もできなければいけないというのはあまり見かけないか、見かけても異なる意見がそ…

ISOTに行ってきました

ISOTとはなんぞやと申しますと「国際 文具・紙製品展」でございまして、最近、一部界隈で話題になっている、見本市だとか商談会でございます。 で、ざっくりとした感想を。(気合いを入れたものはいつかどこかで書くかどうか) ・結構な数の業者は、マスキン…

にっぽんいち

先日、銀座に行きまして、画材やら文具やらのお店をふらりふらりと歩いてきました。 で、鳩居堂です。 1階は紙もの、日用文具、季節もの。2階は画材、書道用具……と言いたいところですが、実態としては、ほとんどお香売り場でしょう。それもまた時代の流れで…

お詫び

先日、http://edafude.hatenablog.jp/entry/2017/04/18/214117を投稿しましたが、「なんでこの色……?」という疑問を解消すべく、影印本やら解釈と鑑賞別冊やらを眺め続けていまして(そのあいだに第二弾が発売されてしまった……)、本日、襲をモチーフにした…

サキの名を唱えられては黙しているわけにはいかぬ

https://twitter.com/write_jun/status/877393036786806785 というわけで、伊藤なむあひさんが "Beasts and Super Beasts" に言及しているので、これさいわいとしゃしゃりでてみるわたくしでござる。 ほらほら、伊藤さんも趣味の翻訳やっちゃいましょうよ。 …

イラスト(キャラクター)とはんこ

これ(http://soberthe.tumblr.com/post/162045974585/)は、試しに彫ってみたものなのですが、試しにしてはよくできたと思います。ただし、これの前に一本、いい具合の線が取れずに失敗しています。 あまり詰め込みすぎると潰れる、描線が細すぎると場合に…

ミュシャ展

生きている間に全部まとめて見られるなどというのは、今回以外にまずないだろうということで、行列も混雑も覚悟のうえで行ってきました。 90分待ち。 120分だったら、ひょっとしたら帰っていたかもしれない。 絵画についてはまったくなので、アレな感想しか…

書き初めのようなこととして書いたこれ( http://soberthe.tumblr.com/post/156530241230 )について、何人かに勘違いのまま朝顔が詠んだ歌だと言っていたのですが、正しくは夕霧に対する藤典侍の返歌です。 一緒に朝顔のも練習していたので記憶が混ざってい…