枝筆書庵

三糸ひかり

三糸ひかり

 ◇Twitter(情報更新案内用のアカウント)→https://twitter.com/hikariminfo

 

 ◇ブログ

  ソベルテクァイユ→http://soberthe.tumblr.com/

  memo→http://soberthe.blog.shinobi.jp/

 

 ◇遊印(篆刻)等の御注文・御見積りについて

 ◇メールマガジン「ソベルテ通信」

 ◇その他、各種お問い合わせ

  →下部にあるメールフォームからお問い合わせください。

ISOTに行ってきました

ISOTとはなんぞやと申しますと「国際 文具・紙製品展」でございまして、最近、一部界隈で話題になっている、見本市だとか商談会でございます。 で、ざっくりとした感想を。(気合いを入れたものはいつかどこかで書くかどうか) ・結構な数の業者は、マスキン…

にっぽんいち

先日、銀座に行きまして、画材やら文具やらのお店をふらりふらりと歩いてきました。 で、鳩居堂です。 1階は紙もの、日用文具、季節もの。2階は画材、書道用具……と言いたいところですが、実態としては、ほとんどお香売り場でしょう。それもまた時代の流れで…

お詫び

先日、http://edafude.hatenablog.jp/entry/2017/04/18/214117を投稿しましたが、「なんでこの色……?」という疑問を解消すべく、影印本やら解釈と鑑賞別冊やらを眺め続けていまして(そのあいだに第二弾が発売されてしまった……)、本日、襲をモチーフにした…

サキの名を唱えられては黙しているわけにはいかぬ

https://twitter.com/write_jun/status/877393036786806785 というわけで、伊藤なむあひさんが "Beasts and Super Beasts" に言及しているので、これさいわいとしゃしゃりでてみるわたくしでござる。 ほらほら、伊藤さんも趣味の翻訳やっちゃいましょうよ。 …

イラスト(キャラクター)とはんこ

これ(http://soberthe.tumblr.com/post/162045974585/)は、試しに彫ってみたものなのですが、試しにしてはよくできたと思います。ただし、これの前に一本、いい具合の線が取れずに失敗しています。 あまり詰め込みすぎると潰れる、描線が細すぎると場合に…

ミュシャ展

生きている間に全部まとめて見られるなどというのは、今回以外にまずないだろうということで、行列も混雑も覚悟のうえで行ってきました。 90分待ち。 120分だったら、ひょっとしたら帰っていたかもしれない。 絵画についてはまったくなので、アレな感想しか…

書き初めのようなこととして書いたこれ( http://soberthe.tumblr.com/post/156530241230 )について、何人かに勘違いのまま朝顔が詠んだ歌だと言っていたのですが、正しくは夕霧に対する藤典侍の返歌です。 一緒に朝顔のも練習していたので記憶が混ざってい…

道具と手間と

ちょっと前に、ちょっと前というかついったーがはやり始めた頃だったような記憶がありますし、まあ、おおむねいつでも使われている小咄がございます。 概要。 無重力空間ではボールペンが使えないことがわかった。 NASAは苦難の末に無重力でも機能するボール…

玉鬘

どこかのお店の限定品。 写真が来たので見てみたら、この色が玉鬘かぁという感じがまず始めに来た。 色は難しいね……

図書館蔵書管理問題(Problem of layouts in libraries)

英語は適当です。 先日、2冊を書庫請求しました。 1冊はすぐに出てきましたが、もう1冊がなかなか出てこない。応援の係員を呼ぶ始末。 顛末は、大型本だったので、たぶん別置されていて見つけるのに手間取ったということのようです。 十進分類記号に特殊判型…

キャップレスデシモ

なんだかんだで宙吊りにしたままだったキャップレスを買うかどうしようか問題ですが、約1~2年を経て、ま、使っていればそれなりの結果になるだろうということで、B(太字)を買って解決しました。 前々から気になってはいまして、組立万年筆イベントの時に…

選ぶ万年筆

丸善でも三越でも、メーカーの人……なのか(代理店の)販売員さんなのかはわかりませんが、いろいろと話をしましたら、どうも私が万年筆へ示す興味は渋いらしい。それはまあ、その2店で気になったのがそうだったというわけで、全体としてみればそんなに渋くは…

プラチナ万年筆の地味にややこしいところ

確実に言えること。 「セルロイド軸とブライヤー軸とにはスリップシール機構はない」 ブライヤーはそもそも嵌合式(マッキーとかみたいな、キャップをきゅぽすぽする、ネジ式でないもの)であって無理。 セルロイドは、(これが説明する人によってびみょーに…

三糸さん、インク工房へ行く

とりあえず一度入ってみたかったし、予約も取れたので行ってきました。 こんな色が欲しいですと伝えたら、「ああ、そうおっしゃるお客様は多いんですよ」と言いながらちゃちゃっと作っていただけた。 さすがである。 今回は実用だったので、次に機会があれば…

卒展

あいもからわず毎年のこととして新美でひらかれている美大の卒展を見に行ってきました。 ざっくりした感想としては、多摩美の日本画がよかったかなーという感じです。あとは、抽象画で暗めのものが多かった、というか、そっちに振り切ってるものが目立った気…

1/22 京都 文学フリマ おもな予定

1/22 京都 文学フリマ か-39 枝筆書庵 おもな予定 『コーヘレト私註 及び 日々のこれあれ』¥500 旧約聖書のコーヘレト書を中心に、あれやこれやと思うところを書き綴ったものです。そのあたりに関することの、一応、区切りのつもりで書いております。相変わ…

京都文学フリマ

2017年1月22日(日)11:00~16:00京都市勧業館 みやこめっせ 地下第一展示場 配置スペースは か-39 枝筆書庵 です。 会場入って左側中央奥側のやや真ん中です。 (図→ http://bunfree.net/?kyoto_bun01#l4) 並べる者はまた後日お知らせします。

「イリカ註釈」読書案内

発行からそれなりに経ってある程度の人の手に渡ってはいますので、わたくしみずから案内を書いてしまおうという企画でございます。 まだ手元にないのにはた迷惑なという方もいらっしゃるでしょうけれども、まあ、出張したあとがきみたいなものだと思ってくだ…

『嘘つきコルニクス』の話 その2

23日の情報です。 第二十三回文学フリマ東京2016年11月23日(水・祝) 11:00〜17:00東京流通センター 第二展示場http://bunfree.net/?tokyo_bun23 【G-13】空想少年はテキストデータの夢を見るか? https://c.bunfree.net/c/tokyo23/1F/G/13 【あ-34】大坂文庫…

『嘘つきコルニクス』の話

諸事情あって(諸事情というものはつねに存在するものです)、ここのところwebの方では更新などをあまりしていませんでしたが、なんか近いうちにまたイベントがあるようなのでまとめて。 私が書いた物については、以前にも書いたのでそちらをご覧ください。 …

京都文学フリマ

2017/1/22の京都文学フリマについて、入金手続きをしましたので場所は確保されました。

データ特報

講談社の文芸が、お求めやすくなっているようです。 多和田葉子と笙野頼子が該当しているので、欲しいものがあれば、いい機会だと思います。

嘘つきコルニクス

「イリカ註釈」が載っている『嘘つきコルニクス』が以下のイベントでもとめられます。 9/18 第四回文学フリマ大阪 ・B-14 1103号室。 ・D-01 シアワセモノマニア 金額は調整中だそうです。 私以外の方々のお名前は以下のサイトでご確認ください。 http://lyi…

「イリカ註釈」いろいろ 2

「えー、 嘘にもいろいろとございまして。 まっかなのもあれば、言わないのもあるし、思いやりもある。 なんでもあります。 ……言わない嘘については、私がよく言及してきたので、ここでは省略。 思いやり嘘(私が適当につけた分類名ですが)は、がんの告知と…

「イリカ註釈」いろいろ 1

近日中に印刷に回されるということで、いろいろ書いていこうと思います。 表紙の絵を描いた中村さんから、一番好みだというような感想をいただいてはいますが、しかし、読むには骨が折れる話だろうと思います。 理由としては、あれもこれも入っているのに詳…

京都文学フリマ

20170122京都文学フリマを予定に組み込みました。 友人やら知人やらと話をしたり進めている計画はあったりとはしますが、どーにも人とやるのはそれなりの難しさがあります。 そんなわけで、自分の分は、ほとんどを自分でやらざるをえないのですから、はやい…