◇Twitter(更新案内)→https://twitter.com/hikariminfo

 

 

 

 

会場にて

 毎度思うことに、好きに書いた当人が言うのもアレなのですが、はたして需要はあるのだろうかと。

 

 幸いなことに、ウェブカタログからチェックしてきたという方がいらっしゃって、ああ、好きな人はいらっしゃたとほっとしたものです。

 ネット併用ということでリンク集、写真置き場にいろいろとあげてありますのでご確認ください。確認していただくと、どうもこやつ、半分も開示していなんじゃないかという疑念がわきおこるかもしれませんが、それはそれとしておきましょう。